現在位置
  1. HOME
  2. ゲーム
  3. PS2
  4. 武刃街 (BUJINGAI)
  5. ゲーム情報

PS2武刃街 (BUJINGAI)


評価 6.0/10点中

PS2 1,663 

全体 8,163 

基本情報

メーカー
タイトー  [HP]
ゲーム機
PS2
発売日
2003/12/25  
定価
7,140 円 (5%税込)  
ジャンル
アクションアドベンチャー 
公式サイト
 
概要
【Amazon.co.jp】 ワイヤーアクションを駆使した香港映画ばりの、躍動感ある大胆なアクションで魅せる格闘シーンの連続がすごい。剣術と妖術を駆使して強敵を次々と倒していく爽快なスピード感が気持ち良い格闘ゲームだ。

主人公の武人、劉(ラウ)役としてGackt氏がCGキャラクターで出演している。華麗な剣武や身のこなしはGackt氏がモーションキャプチャに臨み、実現したもの。「いけてる」、「立て。立つのだ!」など、本人の声も聴くことができる。香港の武侠映画をモチーフにしており、舞台は未来のアジア。派手で華麗なチャンバラ、ワイヤーアクションを彷彿させる滑空や壁走り、三角跳びなどの多彩なアクションがよく似合う舞台だ。

敵と戦って倒すだけでなく「決めポーズをとる」、「敵の攻撃を寸前で回避する」など武侠的な行動をとると、画面上に「JUST武侠」と表示され、「武侠的行動点数」が加算される。よりかっこいいアクションを決めるのも楽しみのひとつになるだろう。各ステージには、太極印という特殊アイテムが点在していて、これを集める事により、劉の衣装をGackt風に変更したり、出演者のスペシャルムービーが見られたりとさまざまな特典が用意されている。

脚本は『天地無用!』などで人気の黒田洋介氏、キャラクター原案は『COWBOY BEBOP』などを手がけた川元利浩氏が担当している。格闘技経験もあるGackt氏が、指の皮がむけるほど気合いを入れて実際に剣を持ってキャプチャしたというその華麗な動きは、実に美しい。(江口 謙信)

このページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

このページの内容について、情報の間違いやリンク切れなどのご報告は、
こちらの お問い合わせフォーム からお願い致します。

このページの先頭へ



ゲスト さん、ようこそ!