現在位置
  1. HOME
  2. レビュー
  3. DS
  4. ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  5. レビュー詳細

レビュー詳細


6

プレイ時間 : 20時間くらい

まず、マイクを使わないといけないDSゲームは個人的に好きになれない。一人部屋で声を出すとか恥ずかしいし、それ以前にマイクが故障しているとプレイが中断されるばかりか修理するまで進められない完全な詰み状態になってしまう。
「マイクの故障とかレアケースじゃん」というとそうでもなくて、マイクを使わないゲームでずっと遊んでいるとそもそも故障に気付かないケースも多い。
あと、基本的な操作性。タッチペンを使った移動は直感的とは言いづらく、むしろ慣れるまでに時間がかかる独特な操作に感じられる。さらに知人の一人はこのゲームを長時間プレイすることでタッチパネルを故障させている。敵のラッシュが来ると気持ち的にあせり、タッチパネルを強めにスライドさせてしまうことも多々あるので無理もない事態。こういうこともあって、DSでタッチパネルを酷使させるゲームも個人的には好きになれない。
…欠点ばかり論ってしまったが、ゼルダ好きなら触ってるだけで楽しいあの感覚は健在。謎解きや戦闘、トゥーン独特のメルヘンチックでほのぼのとしたストーリーも味わい深く、キャラクターも魅力的。常にその先が気になって時に何時間もぶっ続けでプレイしてしまうほど夢中になったりもする。上記の欠点に目を瞑れば普通に楽しめるゲームではあると思う。
ただ、最も単純な移動にすらタッチペンを使うため、そこに煩わしさを覚える人も多いと思う。任天堂は、新参者だけじゃなく経験者にとってもどんな操作が直感的と言えるのか、もう少し考えるべきじゃないかな。これを携帯ゼルダの基盤とするなら、私はたぶん一生据え置きゼルダ民です。

このレビューは参考になりましたか? [はい] [いいえ]   [違反報告]

参考になった 0人 (0人中)

このページの先頭へ

このレビューに対するコメント

まだコメントはありません

このページの先頭へ

コメントを投稿する

この機能はログインしてからご利用ください。
まだ会員の登録をされていない方は、ぜひご登録ください!

このページの先頭へ



ゲスト さん、ようこそ!